暮らしの質を高める為に住宅環境を整えよう

草取りについて

過去から学ぼう草取りの歴史

「隣の芝は青い」などの慣用句があるように庭は人々の暮らしに直接結びついてきた歴史があります。庭を手入れしていればしっかりした住人だと思われ、逆に草取りを怠っているとみすぼらしい印象を与えてしまいます。だから昔から人々は庭を綺麗にして自分の品格を保ってきました。 現代では芝刈り機などを使って草取りをしますが、昔の人は鎌を使って草取りをするのが主流でした。現代とは違い時間の掛かる作業なので、家族や住人と協力して刈ることもよくありました。草を放置しておくと蚊など虫が沸くので草取りは重要な作業でした。 少し時代が進んで安定した暮らしが出来るようになった頃からは庭の綺麗さを追求するために庭師などの専門の業者が現れ、より美しい庭を構築することができました。

高齢化社会での草取りニーズの高まり

定期的に草取りをして、こぎれいに保っていたお庭がいつの間にか荒れ果てているというケースもよく見かけます。高齢者の独り暮らしの世帯などが増えてきて、なかなか草取りまで手が回らないという事も多いようです。趣味として行うことができているうちはよいのですが、体が不自由になったりすると草取りもつらい作業になってしまいます。 近所の人や離れて暮らす近親者に手伝ってもらうことも難しい状況がありますから、どうしても庭が荒れやすくなるのです。放置しておくと犯罪などの危険性も高まってしまいます。 そのため、今後はそういった草取りなどの代行を行うビジネスも求められていくと予測されます。住環境を良くし、犯罪の防止につながるという事で大きなメリットがあるのです。